スポーツ障害の改善について

スポーツ障害で大好きな運動が楽しめなくなっていませんか

ゴルフでスイング中に肘の痛みが気になる女性

  • ボールを投げるときや筋トレ時に生じる肩の痛みがだんだん強くなってきた
  • ゴルフやテニスのスイング時、肘が痛んでプレイに集中できない
  • ランニング中にスネに痛みが走る
  • 泳いでいるときに肩が痛むので、練習を続けられない
  • 腰痛や背中のはり、膝痛に悩まされている

スポーツに打ち込んでいる方にとって、野球肘やテニス肘をはじめとする怪我やトラブルは切っても切り離せないものです。練習や試合中に痛みや張りを感じても、このくらいなら大丈夫だろうとつい無理をしてしまうこともあるでしょう。

「プロのアスリートではないから」「練習量を減らせば大丈夫」と自己流の調整を続けていると、より痛みやはりが強くなり、運動機能に障害があらわれる可能性もあります。

やまもと鍼灸整骨院はつらい症状を緩和するだけでなく、スポーツをより長く続けられるための施術も行っています。スポーツ障害にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

堺市でスポーツ障害にお悩みの方は怪我に強い身体を作る当院へ

根本原因を見極め患部を保護しながら施術を行います

堺市にあるやまもと鍼灸整骨院では、スポーツ障害が起きた背景を考察し、根本原因を取りのぞく施術を行っています。痛みの原因が骨や腱、関節、筋肉のどこにあるかによって、必要なケアも変わってきます。障害の部位を的確に見極めることは、早期回復を目指すうえでも非常に重要です。

症状の度合いに応じ、患部をテーピングや固定処置で保護しながら施術を進めていくので、必要以上の痛みを感じることはありません。全身の骨格バランスに問題がある場合は、整体施術による骨盤矯正も行い、怪我に強い身体づくりを目指します。

スポーツ障害は競技や練習量で症状の程度もかなり異なりますが、状態によってはスポーツを継続しながら症状改善に取り組むことも可能です。ただ痛みを取りのぞくだけでなく全身のバランスも整えるので、怪我をする前よりもパフォーマンスが向上したという感想も寄せられております。

スポーツ障害が起きる原因について

同じ部分に負担がかかりすぎることで症状が発生します

スポーツ障害は各競技それぞれに痛みやはりを生じる原因がありますが、すべてにおいて共通しているのは反復動作による損傷です。多くのスポーツ活動において、決まったフォームを繰り返す動きは練習やトレーニングの重要な要素といえます。

しかし、同じ部分に過度の負担がかかりすぎると、関節周辺の筋肉や靭帯、関節そのものが損傷して痛みやはりが生じるのです。症状が進行すると疲労骨折のような、骨自体にダメージが及ぶ可能性もあります。

スポーツに臨む際のコンディションも、外傷や長引く故障と関連していることが少なくありません。肉離れや捻挫、打撲で来院される選手の多くに、運動前後のボディケアが不足している傾向があります。スポーツ障害を起こしにくくするには、ストレッチだけでなく、水分やカルシウム、マグネシウムをバランス良く摂取することも必要です。

試合直前のスポーツ障害もやまもと鍼灸整骨院にご相談ください

つらい症状を改善して再発しにくい身体を目指しましょう

やまもと鍼灸整骨院のスタッフは、全員が国家資格を有し、専門教育を受けた筋肉と骨格のプロフェッショナルです。東洋医学と西洋医学、両方の観点から、スポーツ障害の根本改善をはかります。

スポーツ障害を起こしにくい身体づくりには、身体の使い方やストレッチ等のセルフケアも欠かせません。スポーツを続けていく上で気になる点や質問にも、しっかりお答えします。

以前、試合直前に怪我をした患者さまが来院しましたが、当院の施術で早期復帰が叶い、試合に出場されるまでに至ったこともありました。スポーツ障害を克服し、より高いパフォーマンスで競技を続けたいとお考えの方は、ぜひ当院までご来院ください。

スポーツ障害が改善された患者さまの声・口コミ

自分の身体の特徴を知れたことが良かったです

堺市東区にお住まいのA.H様(26歳/会社員) chat

person

お悩みや来院理由

テニス肘

施術後の感想

単に治療するだけでなく、今後どのようにすればケガしにくくなるかを教えていただけたこと、自分の身体の特徴を知れたことが良かったです。

※施術効果には個人差があります。