四十肩と五十肩の改善について

四十肩や五十肩、「仕方がない」とあきらめていませんか

腕をあげた時の方の痛みに悩む女性

  • 腕を挙げると痛みが走る
  • 横向けになると肩が痛むので、寝返りを打てない
  • 肩こりや頭痛、背中のはり、腰痛を併発している
  • 洗髪や着替えの時に腕を後ろに回せない
  • 痛み止めや湿布を使っているが、効き目が悪い

腕や肩の動きは日常生活において非常に重要な位置を占めています。四十肩や五十肩によって腕が上がらず、毎日不便な思いをしている方もいるのではないでしょうか。

加齢が主な理由だとされているため、自己流のマッサージや市販の痛み止めで済ませて、「もうこの痛みは仕方がない」とあきらめてしまう方もいます。しかし痛みの根本原因を対処すれば、四十肩や五十肩は改善が可能です。やまもと鍼灸整骨院の施術で、若々しい肩を取り戻しましょう。

堺市周辺で四十肩や五十肩にお悩みなら、丁寧な検査を行う当院へ

症状のレベルに合わせた施術で可動域も改善します

ひとくちに四十肩や五十肩といっても、症状の出方や原因は人によって大きく異なります。堺市にあるやまもと鍼灸整骨院では、まず症状のレベルを判別し、どのような施術が必要なのか見極めるところからスタートします。いきなり強い力で揉みほぐすようなことはありませんのでご安心ください。

動きが悪くなっている関節や硬くこわばっている筋肉を丁寧に検査して、必要な施術を選択。解剖学に基づいた整体手技や東洋医学に基づいた鍼灸などで、肩だけでなく周辺組織のダメージや歪みを取り除きつつ症状改善を目指します。

これまで施術を受けた患者さまからは「腕が自由に動かせるようになったので、着替えや洗髪が苦痛でなくなった」「夜に痛みだすことがなくなったので、ぐっすり眠れるようになった」という喜びの声が寄せられています。

また、施術効果をより高め、痛みの出にくい状態を維持するための体操や姿勢維持などのセルフケア指導もお任せください。施術とセルフケアを併行することで、さらなる早期改善が期待できます。

四十肩や五十肩が起きる原因

無理をすると悪化する可能性があるため注意が必要です

四十肩や五十肩は、正式には『肩関節周囲炎』という疾患です。発症の背景には複数の要因が考えられますが、最も大きな要因として加齢による筋肉の衰えや軟骨の摩耗と変性が挙げられます。肩を使い続けることで周辺組織や関節を包む関節包へダメージが蓄積し、肩関節へも悪影響を与えるのです。

急性期には眠れないほどの激しい痛みが続くので、骨に異常があるのかと思ってしまいますが、四十肩や五十肩の多くは筋肉と関節の問題です。症状が慢性化してしまうと、痛みが軽減する一方、関節の可動域が狭まったまま固定されてしまいます。

症状改善のために運動をするのは確かに有益ですが、痛みがでている時に無理に動かすと炎症が悪化する可能性もあります。肩が痛むときは無理に動かさず、当院のような身体の専門家にご相談ください。

四十肩や五十肩のお悩みは、経験豊富なやまもと鍼灸整骨院へ

自然治癒力も向上する施術を体験してください

やまもと鍼灸整骨院は大阪府堺市で開院して30年、多くの患者さまが健康な日々を取り戻せるよう、お手伝いをしてきました。薬や湿布が手放せないほどの痛みにお悩みだった方や、どこに行っても解消できないしつこい肩の痛みにお悩みの方も、当院が症状改善に導きます。

痛みを取りのぞくだけでなく、患者さま自身が持っている自然治癒力を引き出す施術にも力を入れ、症状を繰り返さない強い身体作りを行います。当院と一緒に四十肩や五十肩を改善し、健やかな毎日を取り戻しましょう。

四十肩や五十肩が改善された患者さまの声・口コミ

首や背筋から肩までちゃんとみてもらいすごく楽になりました

堺市三原区にお住まいのH.K様(50代/会社員) chat

person

お悩みや来院理由

肩が痛くてだんだん上がらなくなってきた

施術後の感想

施術してもらうと腕の上がり方が全然変わりました。

首や背筋から肩までちゃんとみてもらいすごく楽になりました。

※施術効果には個人差があります。